沖縄ダイビング研修制度を利用してダイビング業務を身につけよう

沖縄にあるダイビングショップでは、プロのダイバー育成やスタッフの募集を行っているケースがあります。そんな求人を掲載しているお店では、沖縄ダイビング研修制度を利用して指導を行っています。この沖縄ダイビング研修とは、最低でも3ヶ月~半年以上をかけてしっかりと指導を行うのが特徴です。ポイントとして、沖縄ダイビング研修制度は沖縄のダイビングショップで働きたいという思いがあれば、未経験者でも大歓迎となっています。そのため海のことに詳しくない場合や、前職がまったく関係のない職種であっても大丈夫です。
沖縄ダイビング研修で教える内容としては、ダイバーとして必要な知識などを学んで実際の海に潜りながら指導をしていく形となります。ですので車の免許を取得する際の手順に似ています。そしてダイビング研修というと知識や技術を身につけるためだけと思われがちですが、ダイビング機材の準備やお店のスタッフとしての手伝いなども含まれています。そのためこの沖縄ダイビング研修を受けると、研修生として技術や知識の他に接客マナーなども学ぶことが出来ます。また沖縄の気候は冬でも暖かい日が多いため、募集時期に関しては特に指定はないのもポイントです。そしてダイビング研修を受ける際の器材を持っていない場合でも、研修生価格でお店の器材を購入出来るようになっています。ですので研修を受ける前に道具を持っていなくても安心です。沖縄県以外からこの研修を受ける方の場合は、お店の近くにあるゲストルームや宿などに宿泊することが出来ます。
沖縄の各ダイビングショップで研修に参加するメリットとして、資格取得や就職先の紹介などがあります。資格の種類として、スクーバダイバー・レスキュー・ダイブマスターなどの数多くの物が、研修中に取得することが出来ます。これらの資格はいずれも研修終了後の業務で活かせるものばかりですので、多く取得すればするほど業務範囲も広くなります。また研修中であっても実務が多いのが特徴でもあるので、技術や知識を学びながらインストラクターやダイバーとしての経験を積むことも出来ます。なおコース費用については無料のケースが多いですが、教材費や食事代に関しては各個人で負担する形になっています。
冬でも暖かい時期が多い沖縄なので、1年中募集を行っている沖縄ダイビング研修は海で働きたいと願っている者にはとても人気があります。ダイバーとしてはもちろんですが、沖縄や南の島に在住するためにこの沖縄ダイビング研修に参加するのも大歓迎となっています。そして沖縄ダイビング研修で指導を行っているスタッフも現役のダイバーであるケースが多いため、より臨場感ある教育を受けることが出来る制度でもあります。

恩納村ダイビングショップ 沖縄の青の洞窟でPADIライセンス取得